ホーム > 認定看護師メッセージ一覧

がん化学療法看護認定看護師 【定免 亨】

「活動内容」(がん化学療法看護認定看護師の役割)

現在、抗がん薬標準治療は多様化しています。治療を選択される患者さん・ご家族が治療内容を理解した上で、納得して治療を受けて頂けるように専門的知識を生かして貢献します。治療選択時での相談、抗がん薬の安全・確実・安楽な投与の提供や副作用の症状コントロール、治療中の不安や疑問、お悩み等について個々に応じて必要としている情報やケアの提供をしています。また、安心して治療を継続できるようにコミュニケーションによる信頼関係の構築を大切に、抗がん薬治療中でも、患者さんが自分らしい生活が送れるように寄り添い、他職種とも協働して患者さん・ご家族を支援していきます。

安全な抗がん薬治療が患者さん・ご家族に提供できるために病院組織の構築とがん化学療法の看護の啓発と普及、知識・技術向上を推進しています。

緩和ケア認定看護師 【市川 佳代・富塚 真理子・定形 幸恵】

「活動内容」(緩和ケア認定看護師の役割

がんなどの病気を持っている患者さん・ご家族、関わる医療スタッフの皆さんの幸せに貢献します。
緩和ケアとは、がんなどの病気を持っている患者さんとご家族が自分らしく生きることを支援するために、診断の初期から提供される医療・ケアです。 全人的な苦痛(身体的、精神的、社会的、霊的)生活の質(QOL)の向上を目指すために、他職種、地域との連携を推進します。


感染管理認定看護師 【相内 ひとみ】

「活動内容」(感染管理認定看護師の役割

他分野の認定看護師と違い直接的に患者様のケアをすることはありません。 しかし、入院・外来患者様だけではなく、その方を取り巻くすべての人・職員が、『院内に感染を持ち込まない・拡げない・持ち出さない』よう常に目配り・気配りをする。 そのために、全職員が適切な感染対策を実践できるようにすること。また、その結果が良かったのか、悪かったのかをデータで職員にフィードバックすることです。

皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師 【長田 洋子】

「活動内容」(皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師の役割

皮膚・排泄ケア認定看護師は、脆弱な皮膚の予防的スキンケア、褥瘡や下肢潰瘍をはじめとする慢性創傷のケア、ストーマ(人工肛門・人工奉公)のケア、失禁ケア等、様々な疾患の患者様に関わります。そのため幅広い知識が必要となり難しさを感じる一方、ケアの成果が目に見えるという特長があり、やりがいを感じる分野です。
原疾患はそれぞれですが、日常生活に大きく影響するという共通項があり、入院中だけでなく外来でのケアも重要になります。そのため病棟訪問に加え、専門外来でのケアも行っています。
患者様の24時間365日の『生活の質』を考え、なかなか相談しにくいことも、患者様を中心として家族とともにより良い解決方法を見つけられるよう寄り添う気持ちを忘れずに活動しています。

先輩看護師
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ