ホーム > 看護部案内 > ICU

ICU

部署の診療科目や特徴、入院患者さまの傾向

 主な診療科は、心臓血管外科・外科・脳神経外科・循環器・呼吸器・内科・泌尿器科・整形外科・耳鼻咽喉科です。内科系、外科系を問わず呼吸器・循環器・代謝その他の重篤な急性機能不全の患者さまを収容し強力かつ集中的に治療、看護を行いその効果を期待する部門で、看護体制は2:1です。患者さまは主に、救急外来から、病棟での急変、大手術の術後の入室になりますが、いずれも持続モニタリングと多くのME機器装置が装着され、複雑な治療が開始されます。そのため、看護師も高度な専門知識と技術が要求されます。

部署のご紹介

 ICUは、入室している患者さまの状態により、病棟の状態も一変します。患者さまが安定している時は穏やかですが重症度の高い患者さまが入室している場合は、処置やケアが頻回に必要なため患者さまのベットまわりから離れられない状況になることもしばしばです。しかし、スタッフ全員が患者さまを少しでも早く安定した状態に出来るよう、疾患や治療に関しての学ぶ意識は高く、院外の勉強会にも積極的に参加しています。重症度の高い患者さまの看護は大変なこともありますが、やりがいは大きいので、是非一緒に働きましょう。

看護部案内
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ