ホーム > 教育体制について

教育体制

教育体制について

千葉徳洲会病院看護部では、看護のプロを目指す人達のために、幅広いトータル的な視点の教育システムを設けています。その中でも、新人看護師の育成に重点をおき、看護の基礎となる臨床実践能力を習得できることを目的に教育プログラムを作成しています。  入職後は、1か月半かけて集合研修とローテーション研修を行っています。基本的な看護技術を中心に、急変時対応のシュミレーション研修や、コ・メディカルも一緒に接遇の研修を受けます。 また、ローテーション研修は、各部署を2日間、2〜3名のグループで回ります。これは、各部署の特徴や患者様の特色を理解することを目的としています。ローテートが全て終了したあと、5月中旬に看護部で面接をして配属部署が決定します。全ての部署を見学・体験できて自分に合った部署を選べます。自分の目指す看護をスタート時点で展開できるので、興味を損なうことなく仕事に頑張ることができています

看護部教育目標

1.基本的看護の知識及び技術を習得し、看護の質と向上を図る。
2.問題解決能力・判断力・実践力の向上と看護の専門性を追求する。
3.社会変化や対象のニーズに応じた看護専門職業人の育成を目指す。
4.研究的視点と創造性のある看護を追及し、自己研鑽と自己成長を推進する。
5.自己の看護観を明確にし、共に学び共に育つ継続教育を提供する。

教育体制
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ