ホーム > 教育体制について

教育体制について

 千葉徳洲会病院看護部では、段階的に確実に成長できるクリニカルラダー教育を取り入れ実施しています。基礎看護技術の習得からスタートし、段階的に知識と技術の向上を図ります。また、新人看護師の育成に重点を置き、入職後は、2か月かけて集合研修とローテーション研修を行っています。基本的な看護技術を中心に、急変時対応のシミュレーション研修やコ・メディカルと一緒に接遇の研修も受けます。ローテーション研修は、各部署を2日間、2〜3名のグループで回ります。これは、各部署の特徴や患者様の特色を理解することを目的としています。ローテーションが全て終了した後、看護部で面接をして配属部署が決まります。全ての部署を見学・体験できて自分に合った部署を選べます。自分の目指す看護をスタート時点で展開できるので、興味を損なうことなく仕事に頑張ることができています。

看護部教育理念
  1. 医療法人徳洲会及び看護部理念に基づき、質の高い看護、豊かな感性、高い倫理観を身につけ温かい看護ができる看護職員を育成する
  2. 個々のキャリア開発と専門看護の人材育成を目指し、専門職としての成長と自覚を促す
  3. 主体性のある看護実践及び自己成長に結びつく看護教育により、個々の能力開発と自己実現を図る
看護部教育目標
  1. 臨床看護の核となる実践能力を高め、看護実践、管理、教育、研究に必要な知識・技術・態度に関する学習の機会を提供し、看護実践レベルの向上を図る
  2. 自分の持てる力を精一杯発揮し、仕事に誇りを持つことができるような看護師を育成する
  3. 人間関係を良好に築くことができる看護師を育成する
  4. 緊急事態に対応できる看護師を育成する
  5. 病院の基本理念・看護部の理念に基づき、看護職員の知識・技術の向上と職能性を高め、自己の確立・能力の拡大を図る
教育体制
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ