ホーム > 教育体制について > ラダーT 教育計画

ラダーT 教育計画

 ≪新人入職時研修≫

千葉徳洲会病院看護部では、段階的に確実に成長できるクリニカルラダー教育を取り入れ実施しています。基礎看護技術の習得からスタートし、段階的に知識と技術の向上を図ります。また、新人看護師の育成に重点を置き、入職後は、集合研修とローテーション研修を行っています。基本的な看護技術を中心に、急変時対応のシミュレーション研修やコ・メディカルと一緒に接遇の研修も受けます。これは、各部署の特徴や患者様の特色を理解することを目的としています。ローテーションが全て終了した後、看護部で面接をして配属部署が決まります。全ての部署を見学・体験できて自分に合った部署を選べます。自分の目指す看護をスタート時点で展開できるので、興味を損なうことなく頑張ることができています。

 ≪目的≫

1.新人看護師として、社会人として基本のマナーを身につけることが出来る
2.患者の生命・人権を尊重し、看護実践ができる
3.基本的な看護手順に従い、必要に応じ助言を得て看護を実践する

 ≪目標≫

1.助言を得てケアの受け手や状況(場)のニーズをとらえ、安全に看護を提供する
2.ケアの受け手や周囲の人々の意向を知り関係者と情報共有(報告・連絡・相談)できる
3.看護手順やガイドラインに沿って基本的看護技術を用いて看護援助ができる
4.助言を受けながらケアの受け手や周囲の人々の思いや考え、希望を知ることができる
5.助言を受けながらチームの一員としての役割を理解できる


開催月
研修内容
研修目的
4月・5月
入職時集合研修 看護における基礎知識・技術を身につける
5月
サービスマナー研修
看護倫理
組織人・社会人・専門職者として必要なビジネスマナーを身につける(身だしなみ・挨拶・言葉遣い・仕事への姿勢・報告・連絡・相談)
フレッシュセミナー(春) 仲間との交流を通して悩みや不安を共有することで心のリフレッシュを図り、新たな気持ちで看護職を継続できる
7月
メンバーシップ研修 「チームメンバーとして自分が配属部署で困った場面を事前課題とし、講義・演習・GWで振り返り共有できる。また、どのような行動をとることがチームメンバーとして適切であったかを話し合う
8月
与薬 薬剤師の役割と業務内容・薬剤の特徴・薬剤と医療安全・アレルギー反応・保管条件・困ったときの対処方法
9月
リフレッシュ研修
6か月のフォローアップ
同期との絆を深める
自分に負けない心を持つ
10月
フレッシュセミナー(秋) 自分自身を知り、コミュニケーション技術を学び、良好な人間関係を保つことで、チームの一員として看護する自信につなげる
11月
多重課題(T・Uバージョン) 多重課題場面において、安全に優先順位を選択し、基本的な看護技術が実践できる
3月
12か月フォローアップ研修 2年目に向けて目標が設定できる

※各自、ナーシングスキルを活用し事前学習を行う

教育体制
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ